アイリぺ

2011年1月17日 (月)

MMS TYPE SNOWRABBIT

またしても直前になってお仕事でドルショ行けず…
布服派な自身としてはワンフェスとかよりも主眼に置いていたイベントだったので
「どうしても無理!」っと粘ったんですが最終的にちょう逆切れされましたわ…( ゚д゚)

Dscn2052

いばら「ドールショウ行けなかったのは残念ですけど
いつまでも愚痴ばかり言ってたらこれから起動するというのにこの子が可哀そうですわよ

まぁそれもそうだな・・・
イベント行かなかった分、腰を据えて準備する時間があったと考えよう

 

 

   

  

  

それでは・・・

Dscn2053

「オーベルジーヌ社製、MMS-Automaton 神姫
 雪兎型癸卯
 セットアップ完了、起動します…」

 

 

Dscn2054

「…我を目覚めさせたのは汝か?」

は、左様で!( ̄Д ̄;)

「ならば汝が我の主と言う訳だな」

いばら「なんだか随分と態度が大きいですわね…;」

Dscn2057

「偉大なるオーベルジーヌ製神姫の主となれることを誇りと思うが良いぞ!」

ははー!

いばら「って何つられて傅いてるんですのー!?」

  

 

 

  

「さしあたってはまず我の名前を決める名誉を授けよう」

身に余る光栄に御座います!

いばら「なんだかマスターがすっかり家臣キャラに…;」

ユズリハ…などいかがでしょう?

Dscn2058

「ふむ悪くは無い、しかし先だって起動しておる姉妹たちも調べてみたら意味を持たせたりしておるようだし…もう少し捻りが欲しいのぅ」

僭越ながら申し上げますが
ユズリハとは春に枝先に若葉が出たあと、前年の葉がそれに譲るように落葉することから
名づけられたと聞きます。すなわち・・・

ユズリハ「成程、我は次代を担う神姫だという事であるな…!それならばよかろう!」

いばら(あとユズリハって毒もありますわよね・・・

 

 

 

 

えと、そんな訳で前振り(?)長くなりましたが

Dscn2060_2

雪兎型 癸卯

2047年オーベルジ―ヌ社が神姫部門から撤退する際に47体のみ生産された神姫。
命中回避に優れ剣や短剣系の武装による近接戦闘を得意とする。(詳細はコチラ

 

っと言う訳で本家オーベルジ―ヌ社もといなすへちま農園さんより届きました雪兎型神姫さん!
毎度遅くなっちゃって申し訳ないです;;´Д`)

殆どガレキなんか作った事ないのでヤスリかけたりとかだけでも想像以上に苦戦しましたが
でもこういう作業も楽しかったー( ´▽`)

とりあえず自分で作っておいてなんですけども…どうしよう可愛すぎて困る(ぉ

Dscn2065 Dscn2066

真正面からだと見えづらいけど頂いた娘さんを前髪外し状態で晒すのもなんだかアレなのでちょっとローアングルから。

今回よりアイペイントにはコッソリ水面下で練習してたアクリルガッシュを使用してみましたよー

本家なすへちまさんや他の方々には遠く及びませんが
自分のイメージに合わせて表情を作れるというのはやっぱり愛着わきますよね♪
…どうしよう可愛すぎて(ry

あ、ちなみに名前はホントは『雪兎』で検索したら「目はナンテンの実、耳はナンテンやユズリハの葉などで~」っという記事をどこかで見かけたので
うちは植物繋がりの名前が多いしユズリハにしようwというところからで「若葉が~云々」とかは後付けです(ぉ

  

  

  

  

  

  

FLESH素体は用意してあったのですけども今日のドルショでこの子の服を買いに行く予定だったのでorz

Dscn2072

そのまま出すわけにもいかないのでとりあえず白スク素体でいたんですけども
これ開けたときから股関節と胴体の関節がゆるゆるで何かしら支えがないと常に前屈してしまうような状態でして;;´Д`)

Dscn2068

仮になにかないかな~と探してたら個人的にアイネスちゃんの素体が凄くヒットでした=゚ω゚)=3

これあれだな!絶対ジョブは魔族の王女様とかだな!(ぉ

Dscn2073

ユズリハ「マゾク…?我のデータベースには無い言語だな。
それは一体何なのだ?」

いばら「いや!?ちょっと…説明しづらいですわね;;」

ユズリハ「ふむ…基本的な知識は始めから備わっているとはいえ
やはり経験を得なければ分からない事は沢山あるのだのぅ」

いばら(変な事教え込まれなきゃいいですけど…心配ですわ;

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2010年5月30日 (日)

3年越し

世間はアルトレーネで持ちきりですねー
自身は数日ほど急な出張だったもので今日になってようやく遊べましたよー

でもまったく関係のない内容(ぁ

Dscn0238

お迎えしてから既に3年以上にもなりますがぜらちゃんアイリペしました

ここのところ他のお宅の神姫さんを直に見せて頂く機会もちょくちょくあり
衣装などに頼らずともそのお宅のそれぞれの個性を感じるというのはスゴク魅力的だなぁっとつくづく感じておりましたもので
技量が足りないのは重々承知ですがやはり一歩踏み出す勇気が重要かなと!

・・・いやしかし以前に比べれば幾分か良くはなったかなぁっと思っていたんですが写真で見ると改めて粗が;;´Д`)
頬のチークも写真だと全然分かんないなぁ(´A`;

ん、でも『マオチャオ』ではなくうちの子っといったオンリーな感じはやっぱより愛着を感じますねw

 

取り急ぎながらこれから所用でメゼポルタの方に行ってくるのでw
んではー

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2010年1月31日 (日)

実戦の緊張をもって修練に臨め

いろいろ水面下では作業しているもののなかなか仕上がらないものでね…

先週ツガルちゃんに引き続きやっていたアイリペなんぞを
Dscn1107

Photo レオナ「今回の被害者はベニオさんですにゃ

被害者とか言うなよぅ(゚Д゚;

なんかこういろいろとお顔の作りがアレだとか言われるので
もうちょっとかわいい印象にしたいなぁっと

Photoレオナ「でも美人は三日で飽きるけど武士子は三日で慣れるというにゃ」

それはほめ言葉なのか?(゚Д゚;

レオナ「“あ”ってなんだにゃΣ」

Dscn1108

今回もまた印象を変えたかったので今回も大きめに目のモールドを入れると同時に佑香さんや志郎さんが仰っていた顎や頬を削ったりしてみたんですが

どうにも口元周りが違和感を感じたものでいっそお口を開けちゃおうかしら~などとやってみたら盛大に失敗しちゃいまして(´Д`;≡;´Д`)アワアワ

Photoレオナ「なんか凄くビミョウな表情にゃ…」

アイリペ自体は描くにあたっての塗料の適度な濃度や感覚がだんだん掴めてきた気はするんですが・・・

Photoレオナ「それは筆がいいからだにゃ」

重々承知しております

| | コメント (3) | トラックバック (0)